×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

口臭と胃

口臭は胃が関係しているということをご存知でしょうか?胃の中のにおいが口臭の原因になっているとも考えられるのですが、直接口臭が胃のにおいと関係しているとは言い難いのですが少なからず、関係しているのではないでしょうか。胃の状態が悪かった場合には、口のなかをきれいにしておかないと口臭がきつくなるといわれています。

なぜ口臭と胃が関係しているのかというと、胃と口の中の状態というのは同じで、胃の状態が悪くて酸性になった場合には、それが関係して口の中も酸性になるといわれていてそのことから胃の状態が悪いと口臭がきつくなるといわれているわけです。

他にも胃と口臭の関連性は高く、胃の状態がもしも悪い場合には、舌の上についている舌苔が普段に増してつきはじめて、それが口臭の原因になっているとも言われています。舌苔というのはそもそも胃の状態が悪い場合に発生しますから病気を抱えている胃の状態の場合には口臭がきつくなるといわれています。

口臭を予防するためには、胃の状態をまずは健康的にしなければいけませんし、口の中の状態をきれいに保たなくてはいけませんから、食べすぎや胃もたれ、ストレスなどによって胃に負担をかけるということは口臭の原因になるので注意しましょう。

口臭と胃の関係

胃が悪いと口臭がくさくなると思っている人が非常に多いですが、食道と胃の境目にある噴門部は、飲食を行った時分以外は括約筋で強く塞がれていて、胃の内部の異香が口の中に出てくることはありません。

ただし、耳鼻咽喉科系の疾患の副鼻腔炎や扁桃腺、ほかに気管支炎などの呼吸器系の疾患や、肝臓・腎臓、糖尿病、尿毒症の疾患などが理由で口臭が発生するケースは、異香は胃から来るのではなく、気管から呼吸の際に排出される異香です。同じ様ににんにくなどの強い異香の食品を食べた後に発生する口臭も、人体内に吸収されたにんにくの異香化合物が、血液で全身をめぐって気管に運ばれ、呼吸が口臭となります。

口臭は、朝起きた時分が一番強く、飲食をしたり、歯を磨くと弱くなります。これは、寝ている間に唾液の分泌が減少し、口の中の細菌が増え、汚れの元になる要素を分離して、口臭の理由の舌根苔は食べ物と一緒に飲み込まれます。更に歯磨きをすると、口臭発生の理由化合物がたくさん発生するからです。飲食を取ることで唾液の分泌が多くなり、口臭の理由化合物が減少し、口臭も弱くなります。つまり、口の臭いを強くする理由に朝食抜きや、不規則な食生活も関係しています。